注目のWEB情報
TOPICS

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. テクノロジー
  4. ページ表示速度が正式に検索順位の要因のひとつに!

ページ表示速度が正式に検索順位の要因のひとつに!

昨年から頻繁に取りざたされるようになったWEBサイトのページ表示スピード。

この度、2018年1月17日にGoogleは検索の新しいアルゴリズムSpeed Update(スピードアップデート)を設計したことを発表しました。

ページ表示速度とはクリックしてから目当てのページが表示されるまでのスピードの事です。

これまでGoogleも、「表示が速いとユーザーにとっては快適だけど、逆に遅いとユーザーはイライラするし、ユーザビリティ的にも良くないよね。」という事を公言してきてはいたのですが、今回正式にサイト評価の要因のひとつにするとしました。

GoogleによるSpeed Update(スピードアップデート)導入の公式アナウンス

読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。
この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。 検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

※参照:Googleウェブマスター向け公式ブログより
日本語:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
英語:Using page speed in mobile search ranking

導入は2018年7月を予定

アナウンス文章を読む限り、

  • あきらかに読み込み速度が遅いページは検索順位が下がる可能性がある。
  • 逆に読み込み速度が速いからといって順位が上がる訳ではない。
  • 質の高い良質な内容のページであれば読み込み速度に関係なく高い順位になるかも。

といったところでしょうか。

実際に導入されてみないと影響の程度は分かりませんが、「ユーザーの役に立つ正しい情報、良質なコンテンツを配信し続けるサイト」が大事という事は変わらなさそうです。

因みにあなたのサイトが表示速度においてどのような評価を受けているかは以下のツールで確認できますので気になる方は試してみて下さい。

どちらもURLを入力するだけの簡単なものになっています。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)
Test My Site(テストマイサイト)

ホームページに関するご相談を
無料でお受けしています。

制作に関するご提案依頼・ご相談・お問い合わせはこちら

当社は、約3000社以上の制作実績から、多様なノウハウを獲得し、現在でも多くのお客様のビジネスのご支援をさせて頂いております。
お客様のお悩みに対して速やかに対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。

Office24WEB

東京を中心に中小企業のウェブマーケティング支援を行っている会社です。ホームページ制作からSEO・リスティング広告まで幅広くサービスをご提供しています。

カテゴリ

最新の投稿

ホームページご相談・お問い合わせ
CONTACT

ホームページ制作やWEB戦略に関するご相談やお問い合わせ・お見積り依頼は下記までご連絡ください。
当社へのお見積り依頼は『無料』です。

0120-980-824
営業時間 9:00~17:30 [土日祝除く]
PAGE TOP