注目のWEB情報
TOPICS

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. テクノロジー
  4. IoT/WoTとは?

IoT/WoTとは?

皆さんは「IoT」という言葉をご存知でしょうか?
なんとなく耳にしたことはあっても、正確に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

今回は「IoT、WoT」について簡単に調べてみました!

IoTとは

まず、どんな意味なのか調べてみました。

モノのインターネット(物のインターネット、英語: Internet of Things:IoT)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。

引用元-ウィキペディア(Wikipedia)

ということだそうです。
言葉で説明されてもピンとこないと思うので、事例を挙げてみます。

魅力的なIot製品と事例

Qrio Smart Lock(キュリオ スマートロック)・Qrio Hub(キュリオ・ハブ)

https://qrio.me/smartlock/

Qrioというメーカーが出している、スマートロック。おうちのカギの遠隔操作ができるものらしいです。
出かける際、鍵を閉めたか不安になることありませんか?
そういった不安を解消してくれる製品です。
また、いつ誰が解施錠したかがスマホに通知されたりなど、様々な安心機能がついています。
Qrioさんは他にもIoT製品を作られていて、デザインとか色もかわいらしいのでチェックしてみてください。

YE DIGITAL(ワイ・イー・デジタル)IoT製品(MMCloudほか)

https://www.ye-digital.com/jp/

YE DIGITALという企業の製品はまさにこれからのIoTといった感じです。
工場での機器やセンサーなどをデータ化し、正常作動状態を学習し、故障予知などをしてくれるみたいです。
ホームページのトップビジュアルの動きも近未来的でかっこいいですね。

SONY MESH(ソニー・メッシュ)

http://meshprj.com/jp/

「だれでも簡単、つくって楽しい。あなたの遊び心をつなげる “MESH”(メッシュ)」がキャッチコピーのソニー製品メッシュ。
さすがソニー、単なるIoT製品ではなく、ユーザーにIoT製品を開発させるという視点に脱帽です。
MESHブロック(デザインもおしゃれ。最新のWALKMANかと思いました!)というものを購入し、専用アプリをインストールして色々な自分なりのカスタマイズやプログラミングでIoT製品を作れてしまうのです!
難しいプログラミングや電子工作の知識も不要で、誰でも簡単にIoTを活用した製品開発を実現できるとのこと。
SNSのように開発したものを発信するブログもサイト内にあり、読んでいても楽しいです。

まだまだ沢山のIot事例がありますが、なんとなくどんなものか想像がつきましたか?

IoTのデメリット

便利でいいことづくしのIoT製品のように見えますが、セキュリティ面での不安はあるようです。パソコンやスマホでのセキュリティは専用ソフトを入れて対応していると思いますが、
あらゆるモノがインターネットに接続してしまうと、また個々の対策が必要となります。

あとは開発人員を大幅に増やさなければいけないことで、人手不足の現在では製品開発のスピードが遅くなる懸念もありますね。

また、開発費用がかさんでしまうと製品自体が高額になってしまい、結局一般人が手が出せず普及しなくなってしまうなど、いろいろな問題が出てきそうな気がします。

WoTとは

では「Wot」はどんな意味なのでしょう…?

WoTとは、Webの標準化団体であるW3Cが提唱している、Webのオープン標準技術を使ってIoTを実現するという概念である。WoTの考え方に基づいて、レイヤ7にWebのオープン標準技術を採用すれば、IoTプラットフォームを相互接続することが可能になる。現在は仕様検討の前段階の議論をしており、2016年から本格的な仕様の策定が始まる予定である。

引用元-インプレス Smart Grid フォーラム

簡単に言うとWEBサイトを構築するWeb言語などをそのままIoT製品の開発や動作に応用させよう、というはたらきがあるようで、これをWoT(Web of Things)と言うみたいですね。

W3C、IoTの断片化を減らすためのWeb of Thingsに関する標準化作業を開始

引用元-W3C(英記)

W3C(WEBの基準を作ったりするWEB界の中心的な機構)が携わっているので、どんどん標準化していきそうですね。

WEB開発・構築スキルは今後IoT開発にも活かすことができるみたいです。

WoTのメリット

WoTが浸透することにより、一からプログラミングや開発をしなくても、WEBの技術を駆使して、スピーディーかつ多様性に富んだIoTの技術開発ができる可能性があります。

また、先ほどIoTのデメリットで挙げた、セキュリティ面の問題も、WoTによりある程度統一化し、スマートに対応できるような気もしますね。
開発費用や人材問題についても然りです。

そして違うメーカーのIoT製品など異なるプラットフォーム間の相互運用も、WEB技術の共通言語を使用することにより可能になるなど、様々なメリットがあるそうです。

まとめ

以上のように、IoTとはモノにインターネットを繋ぐことでさらに人々の生活を豊かに、便利にしてくれる技術の概念であることがわかりました。

そして今後WEB技術はただWEBサイトを構成するためだけでなく、その技術や言語をIoTに応用し進化させていくといった時代になっていくようです。

ここ数十年ほどで信じられない早さで様々な技術が進化しています。IoT技術で生活が溢れるのもそう遠い話ではないはずです。

それに備え、私たちWEBクリエーターも既成概念にとらわれず、常に情報に敏感になり、時代に合わせた自分たちの在り方を考えながらスキルをアップデートしていく必要がありそうです。

 

ホームページに関するご相談を
無料でお受けしています。

制作に関するご提案依頼・ご相談・お問い合わせはこちら

当社は、約3000社以上の制作実績から、多様なノウハウを獲得し、現在でも多くのお客様のビジネスのご支援をさせて頂いております。
お客様のお悩みに対して速やかに対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。

Office24WEB

東京を中心に中小企業のウェブマーケティング支援を行っている会社です。ホームページ制作からSEO・リスティング広告まで幅広くサービスをご提供しています。

カテゴリ

最新の投稿

ホームページご相談・お問い合わせ
CONTACT

ホームページ制作やWEB戦略に関するご相談やお問い合わせ・お見積り依頼は下記までご連絡ください。
当社へのお見積り依頼は『無料』です。

0120-980-824
営業時間 9:00~17:30 [土日祝除く]
PAGE TOP