注目の情報
TOPICS

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. WEB制作
  4. 保護されていません。なんて言われないようにしましょう!【サイトのSSL化】

保護されていません。なんて言われないようにしましょう!【サイトのSSL化】

以前お伝えした、サイトURLの「https化」

「Chrome」ブラウザでは2018年7月より、暗号化されていないHTTPプロトコルを
使い続けているWebサイトに対して「Not secure」(安全ではない)と表示されるようになりました。
(バージョン68からとのこと)

こういったこころみは、今後他のブラウザでも進んでいくことが予想されます。
保護されていない、安全ではないなどと
自社のWebページに表示されてしまったら一大事です。

 

良くわからないという方は
こちらの記事も復習!

【SSL/TLSって何?】
https://office24web.jp/blog/blog/web/ssl-tls.html

 

簡単に言うと、インターネット上でのデータ通信を暗号化して
盗聴や改ざんを防ぐ仕組みです。

 

また、常時SSLとはログインページやフォームなどの特定のページだけではなく
すべてのページをSSL化することで
Webページのセキュリティが強化されるというものです。

常時SSLかどうかというのが検索順位にも関わってしまいます。

 

自分のサイトはどうなっているんだろう?確認してみましょう!

自分のサイトも確認したい!と思った方のために
簡単にご自身のWebページがSSL化されているか確認できる方法を書いておきます。

具体的にご自身のサイトがどうなっているか確認するときは

①確認したいサイトを検索

 

②URLに注目

弊社のOffice24WEBサイトを例で説明しますと

【SSLが完了しているURL】https://office24web.jp/
【SSLが実装されていないときのURL】http://office24web.jp/

となっており、httpの後に”s”があるかないかで判断できます。

正確にSSL化されているサイトには
このように表示がでます。

 

 

③SSL化されていないとこんな表示がされてしまいます!

もしSSL化されていないサイトだとすると、そのサイトにはこのような
表示が出てきます。
URLを打ち込むバーの左のヒントマークをクリックしてみてください。

(保護されていません!!!!!)

きちんと真面目に商売をやっているのに!
怪しい雰囲気になってしまいますよね。
せっかくページに来てユーザーさんが
なんとなく嫌だなあ。と感じてしまうとすれば残念ですし
保護されていない不安なサイトをご利用いただくわけにはいきません。。

こうなると、企業等で運営しているWebページは
信頼が大切なので
常時SSL化は必須なのではないかと思います。

 

全ページSSL化するためには

・正しいSSL設定を行う
・HTML内のパス記述などの修正
・サーバーのリダイレクト設定
などを行う必要があり、ただURLにSがついただけですが
修正事項は多岐にわたります。

 

もしお困りの方がいらっしゃれば、
弊社ではSSL化のお手伝いもしていますので
いつでもご相談くださいませ!

ホームページに関するご相談を
無料でお受けしています。

制作に関するご提案依頼・ご相談・お問い合わせはこちら

当社は、約3000社以上の制作実績から、多様なノウハウを獲得し、現在でも多くのお客様のビジネスのご支援をさせて頂いております。
お客様のお悩みに対して速やかに対応させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。

ホームページご相談・お問い合わせ
CONTACT

ホームページ制作やWEB戦略に関するご相談やお問い合わせ・お見積り依頼は下記までご連絡ください。
当社へのお見積り依頼は『無料』です。

0120-980-824
営業時間 9:00~17:30 [土日祝除く]
PAGE TOP