SSLについて
SSL

  1. ホーム
  2. SSLについて

SSLはインターネットを
安心して利用するための暗号化技術です。

SSLは正式には「Secure Sockets Layer」と言って、インターネット上でデータを暗号化して送受信するための仕組みのことです。
(ちなみにTLS=Transport Layer Securityも、SSL同様、暗号化技術です。)

ショッピングサイトでクレジットカード情報を入力したり、問い合わせフォームに個人情報などを入力するのは不安です。
そういった重要なデータを暗号化して、インターネット上の通信を安全に行なうことが目的の技術となります。

  • SSLが実装されていない場合

    SSL/TLSが実装されていない場合
  • SSLが実装されている場合

    SSL/TLSが実装されている場合

SSLの確認方法

SSLを実装しているサイトには、ブラウザのアドレスバーに鍵のマークが表示されます。
鍵のマークをクリックすると、SSL証明書に関する情報が表示されます。

  1. 保護されている状態鍵マークが付いています。

    保護されている状態
  2. しかし、対策していないと、
    以下のように警告表示が出てしまいます。

    保護されていない状態赤字の警告表示が出ています。

    保護されていない状態

これでは、せっかくサイトに訪れたユーザーに
不安を与えてしまうことに…!

なぜ、SSL暗号化技術が必要なのか?

近年、インターネット上の悪意あるネット犯罪が急増しています。
悪意のあるハッカーによるサイトの改ざんや情報漏えいなどのリスクは、もはや他人事ではなく身近な脅威として存在しています。
そのような危険を防ぐには、SSLを実装して、通信を暗号化することが必須となっています。

インターネット利用者の意識も高まっています。

ホームページから個人情報を送信する際に重要視すること
  • SSLサーバ証明書などによって個人情報の暗号化を行っているか

    40.8%

  • 個人情報の利用目的や取扱ポリシーを開示しているか

    36.6%

  • 過去に個人情報の漏えいなど不祥事がないか

    31.7%

  • プライバシーマークを取得しているか

    23.3%

  • 組織の知名度

    22.7%

その他
  • 個人情報の漏えいが生じた場合に適切な保証が得られるかどうか(18.8%)
  • 社員の対応に信頼を感じられる組織がどうか(11.3%)
  • 特にない(25.2%)

※GMOグローバルサイン株式会社運営のSSL/TLS総合解説サイトより引用

セキュリティ対策をしっかり行うことがユーザーの安心感につながります。

SSLを実装すると以下のリスクを防ぐのに効果的です。

  • なりすまし

    貴社のサイトを装った偽サイトによる個人情報やカード情報の流出や悪用のリスクを軽減します。

  • 情報漏えい

    メルアド等の個人情報は、データ通信を盗聴することによって漏えいするリスクがあります。SSLを対策することでそのリスクを軽減できます。

  • サイトの改ざん

    SSLを実装することで悪意ある者によるサイトの改ざんリスクを軽減できます。

このように、SSL化の必要性は日々高まっています。
もし、貴社のホームページがSSLに対応していなければ、
早急に対策されることをお勧めします。

ホームページへの独自SSL実装のことなら、
まずは、お気軽に弊社までお問い合わせください。

ホームページご相談・お問い合わせ
CONTACT

ホームページ制作やWEB戦略に関するご相談やお問い合わせ・お見積り依頼は下記までご連絡ください。
当社へのお見積り依頼は『無料』です。

0120-980-824
営業時間 9:00~17:30 [土日祝除く]
PAGE TOP